合同会社 別視点(本社:東京都中央区、代表社員:松澤茂信)は、JR中央線・総武線高円寺駅の西側高架下エリアにて、まち歩きイベント『まちの視点の百貨店』を2020年12月12日(土)、13日(日)に開催いたします。

 

現在、ウィズコロナ期における観光やまちづくりのあり方として、近隣への観光や宿泊を通じて身近な地域の魅力を再発見するマイクロツーリズムが注目されています。地域の風景や文化、歴史など、これまで見過ごしてきたものごとを、別視点が新しい「視点」で捉えまちの魅力を発掘・体験する機会を提供します。

このたび、高円寺の象徴の一つであるJR高円寺駅西側高架下エリアにて、まちの魅力の発掘・体験イベント「まちの視点の百貨店」を開催いたします。

 

■「まちの視点の百貨店」とは

「まちの視点の百貨店」は、地域住民とマニアがそれぞれの「視点」で発掘したまちの魅力を、クエスト型散歩やウォーキングツアー、展示など体験できるサービスに変換し、イベント参加者に提供・販売する一連のプロジェクトです。

まず、子どもから大人まで地域住民を対象にまち歩きワークショップを開催し、それぞれの「視点」でまちの面白さを抽出していただきました。同時に、まちの外側の「視点」としてマニアによるまち歩きを実施し、「育ちすぎた植物マニア」「道端の落とし物マニア」など、個性豊かなマニアが独自の視点で地域の魅力を切り取りました。

本イベントでは、地域住民とマニア、それぞれの「視点」で発見されたまちの魅力をクエスト型散歩やウォーキングツアー、展示などのコンテンツに変換し、ご提供いたします。

今回の舞台であるJR高円寺駅西側高架下は、高円寺・阿佐ヶ谷間の約2キロメートルの一本道です。通勤や通学、散歩など地域住民に日常的に使われているこの道を、どんな「視点」で観察することができるのか、ぜひご期待ください。

 

コンテンツ紹介

・街を舞台にしたクエスト型散歩

「アート作品のような壁がたくさんあるコース」「妖怪のような風貌をした植物を見つけるコース」「人の顔のように見える建物を探すコース」など、高円寺を楽しむクエスト型の散歩コースを8種類ご用意します。

参加者は興味のあるコースを購入し、クエストを攻略しながら地域を回遊します。

※写真は開発中のものです。実際の商品とは異なる場合がございます。

 

・展示

高架下の展示会場にて、スタンプラリーに採用された視点や、高円寺の方々から集めた視点を、写真やパネル、ビデオなどで解説します。

 

・ウォーキングツアー

視点の持ち主であるマニアの方々をゲストに迎え、一緒にまちを歩くウォーキングツアーを開催します。

 

・地元銭湯「小杉湯」とのコラボレーション企画

地元で愛される老舗銭湯「小杉湯」とコラボレーションして、地域住民やマニアの「視点」をヒントにした日替わり風呂を提供します。

 

本イベントではこれらのコンテンツを2日間に凝縮させることで、高円寺の新しい楽しみ方を多面的にアピールします。参加者は本イベントを通して、高円寺のまちなみを楽しみ、その魅力を体験することができます。さらに本イベントで得た「視点」は、参加者の生活圏の街や路上を楽しむヒントでもあります。いつもの散歩コースでアートのように見える壁を探したり、軒先の観葉植物を注意して観察したり、普段生活しているエリアをより愛着をもって捉えるきっかけとなることを願っております。

合同会社別視点は、「視点の百貨店」を通して、身近なものごとを楽しむ視点をお伝えすることで、社会に新しい価値観を提供してまいります。

 

■「まちの視点の百貨店」開催概要

日時:2020年12月12日(土)11:00~17:00、12月13日(日)11:00~17:00

受付・展示会場:高円寺ストリート西二号館(杉並区高円寺南3-70)、高架下倉庫(杉並区阿佐谷南2-36)

入場料:無料

参加方法:予約不要。受付にて各視点スタンプラリーを販売しております。

主催:合同会社 別視点

※今後の情勢により、イベント内容や受付開始・イベント開催の日時が変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。